「子供部屋おじさん」という言葉を拾った

2020.10.22

新しい言葉を採集するのが好きです。

 

「子供部屋おじさん」という言葉を拾ったのは、昨日です。。

おそいっすよね?? すいません。

 

子供部屋おじさんとは、「成年年齢になっても実家を離れず、子ども部屋で暮らす中年オジ(オバ)さん」のこと。

 

鳥丸りんこさんが、エッセイを書いている。

 

わが子を「子ども部屋オジさん」にさせる親の特徴

より抜粋すると、「親と同居の未婚者の最近の状況(2016年)」という総務省統計研究所の西文彦氏の調査によれば、実家暮らしをしている独身者は、35歳から54歳までで実に446万人とか。

 

それにしても。鳥丸りんこさん、懐かしいわぁ~。

 

ひと昔前の中学受験ママなら、彼女の中学受験関係の

著作を読んだことがある人も多いのでは?

 

私の塾ママ友、鳥丸さんのセミナーに行っていた。

 

痒い所に手が届く言葉を書ける人。というか、

子供の成績に一喜一憂する中学受験ママたちにとって

救いの神様。みたいな存在だったよな~

 

名門校に息子さんを「突っ込んだ」お受験ママ日記でデビューしたものの、

中学受験の無理がたたって、息子は深海魚(名門校の底辺をさまよう子のこと)。

 

名門校の数だけ、深海魚はいる。

 

この名文句に代表される、赤裸々な「ある、ある」をテンポ良く

書きまくる、筆致にフアンも多かったと思う。

 

鳥丸さんは、子育てのシーズンが終わったら、介護の話を書き始め、

今は、子ども部屋オジさんの話かー。

 

鳥丸さん、目が離せないな。