次男が作成すると目玉焼きはこうなる

2021.3.9

【何で、8個かな?】

 

お! 目玉焼きが上手に焼けた。

スゲくない?  

 

そんな次男の声に誘われて、台所に行ってみると、

8個の目玉があった。

 

な・ん・で、8個かな?

 

母 : それ、全部食べるの?

次男 : お母さん、一個いる?

 

そう言っていたのに、8個とも完食。

 

男子は、三角食べが苦手だとは言うけど、

ご飯も汁物も、野菜もなく、目玉焼き8個だけの食事。

 

や・め・て・も・ら・え・な・い・かな?

 

野菜もきちんと食べて欲しいし、

そもそも、卵8個を1回で食べるのは、

体に良くないと思う、ということを、

声を大にして伝えてみた。

 

が。

 

次男は、「わかった、わかった!」 と、言っていたけれど、

全然、わかっていないやつだよね、アレ。

 

愚痴ついでに、もう一つ。

 

次男が学校から帰ってきた学ランの下から

「Yシャツが、ズボンにINされていない」のが、丸見えだったので。

 

母 : 「ねえ、ズボンにシャツが、入ってないの見えるよ」

次男 : 「当たり前やん」 (ズボンにシャツが入っていないのは当たり前という意味)

母 : 「あなたの学校ってさ、学校の制服に特徴あるんだし

学校に申し訳ないから、シャツは、ちゃんとズボンの中に入れて欲しい」

次男 : 「断る!!(キッパリ)」

 

高校1年(もうすぐ高校2年)まで、

シャツをズボンに入れることができなかった次男は、

この先も、「あー、あの、シャツ、いつも出ている奴ね」みたいな

感じの存在として生きていくのだろうなぁ、と、思った。

 

そこの部分については、

学校には申し訳ないけれど、諦めようと決めました。

諦観ってやつかしら? 

 

けれども、目玉焼き8個は、

なんとかならんかね?