大学生の方達と、1時間半お話しをした

2022.2.16

今日の午前中、大学の授業の一環として

養護教諭を目指している学生さん達に

お話しをさせて頂いた。

 

内容は、特別支援教育です。

 

コロナで、看護実習に行けなくなってしまった

そのピンチヒッターとしての登板でした。

 

そもそも論として。

私、学校の先生や、看護といった

職業として、人と接する仕事を選ぶ人を

とても尊敬しています。

 

なぜなら、自分と対極にいるから。

 

私は、子供を育てるまで、

自分が他者に関心が持てるとは、

あまり思えなかった。

 

だからこそ、他者に興味が持てる「人種」、

とても憧れます。

 

学生さんたちは、はにかみながらも

たくさんの質問をして下さって。

 

その答えを、自分の中で

ひとつ、ひとつ探すこと自体が

とても楽しい作業でした。