【ビオラ】モーツアルトのレクイエム

第109回目レッスン 6月20日(火) 9:30-11:30

 

【モーツアルトのレクイエム】

9月18日(月)にモーツアルトのレクイエムを弾くことになった。

私が所属しているオーケストラではなく、イレギュラーな演奏会だ。

 

私 : 「今度、モーツアルトのレクイエムを弾くことになったんです」

先生 : 「うん、いい曲だよね。。古典の曲だから、しっかり音をさらえる」

 

そして、先生は本棚から1冊の本を出してくれた。

 

+++

モーツアルトのレクイエム 二短調 ケッヘル626

 

モーツアルトの未完の遺作「レクイエム」は、

その音楽の持つ異常な力に魅かれる人が多いとみえて、

未完成にもかかわらず、多くの録音がひしめいて人気の高さを物語っている。

「モーツァルトの名曲名盤101/音楽之友社」

+++

 

ケッヘルとは、モーツアルトの作品につけれらた連番のこと。

遺作がケッヘル626ということは、モーツアルトは一生涯で626曲の曲を

作曲したということになる。

彼は35歳で亡くなっているから、どれだけのペースで作曲していたのか!

初めて作曲したのが5歳だから、30年で626曲。年間で何曲だ???

 

 

【バロックのワルツ(3連符)はガタゴト弾く】

ごくごく簡単なバロックの曲を、先生と連弾した。

私がハーモニーで、先生が伴奏。

 

先生:「このワルツ(3連符)は、スッと弾いちゃダメなの。

田舎のオジサンがガタゴトと歩くみたいに弾くのよ」

 

【弦に弓が乗っている限り、弓は飛んでいかない】

先生 : 「弓をアップする時、もっと二の腕からガッといく。

物を放り投げちゃうくらいの勢いが必要なの」

 

私 : 「でも、先生、放り投げちゃう感じが怖いんです。

どっかに行っちゃいそうで怖くて、心理的なブロックがあります」

 

先生 : 「大丈夫なんだよ。弦に弓が乗っている限り弓は飛んでいかないから」

 

【音楽仲間の件】

私 : 「それにしても、私の音楽仲間は、よく私の世話を焼いてくれるんですよ(※)」

 

先生 : 「地方でアンサンブルを教えていると、その中に、そういう人いるよ。

自分は弾けていて、弾けない人の世話をちゃんとするの」

 

私 : 「それって、どういう心理なんでしょうかね? 偉すぎて、意味わかんない」

 

先生 : 「やっぱり、みんなで一緒のものを弾きたいっていう気持ちなんじゃない?」

 

私 : 「いわゆる、それが、コミュニティってやつなんですかね?」

 

※ 私がモーツアルトのレクイエムに乗ることになったいきさつは、昨晩、とある友人(Kさん)にお悩み相談にのってもらったのがキッカケ。Kさんの仕事帰りに落ちあい、夕食を一緒に食べる。一通り私の話を聞いてくれて、的確な回答をしてくれた後。

 

Kさん : 「ひかるちゃんさぁ、そんなどうでも良いこと(マジで、Kさんに話を聞いてもらったら、どうでも良いことだった)でグチグチ言ってないで、モツレク乗りなよ」

 

私 : 「仕事忙しいし、無理だよ」

 

Kさん : 「手帳出して、まずは、練習日程だけ書いてごらん。○月○日・・・」

 

ほぼ練習日程を書き終えたところで、

 

Kさん : 「はい、罠にかかりました。ひかるちゃんは、その日程、消せないはず。

だからモツレク弾くの。出席するって、この場で連絡するよ。携帯出して」

 

私 : 「私、携帯打つの異常に遅いんだけれど」

 

Kさん : 「私が打つから貸して。はい、これでいい?」

画面、見せれられて、送信ボタンを押された。

 

私 : 「本当にすごいよね。Kさんの、その有無を全く言わせない感じの強引さ。

何を根拠に、そこまで強引にできるわけ?」

 

Kさん : 「私は、何か見えるの。その人の分岐点みたいのが」

 

そうなんだ、すごいね!

 

ちなみに、

・ビオラのレッスンを再開したのも、

・オーケストラに復帰したのも、

Kさんの、この手の強引さによるものだ。

 

まじ、ありがたい!

 

モツレクを弾くことで、

きっと何か違う世界が見えるに違いない。

今は、そんな気がしてワクワクしてきた。