さくら さくらは、古謡だ。

2020.4.22

【さくら さくら の楽譜】

 

昨日、ビオラで、

さくら、さくら、を弾いてみた。

 

このところ、「ビオラで弾く ポピュラーミュージック」

みたいな楽譜集を弾いている。

 

オーケストラの楽譜は、「パート譜」だけれど、

上記の楽譜であれば、必ずメロディーが弾けるという発見!!

 

メロディーを弾くって、

それは、それで楽しいなと思う。

 

(普段、どんだけメロディーを弾いていない

パートなんだ、ビオラは! という話はあるけれど・・)

 

 

基本は「アヴェマリア」といった西洋のクラシックなのだけれど、

ちらほらと、日本の「早春賦」といった曲もある。

 

昨日は、「さくら、さくら」を弾いたのだが、

「さくら、さくら」の音運びは、雅楽に近いなと感じた。

 

ビオラという楽器自体が、西洋の物だから、

指の練習をするための、簡単なエチュードだったとしても、

やっぱり、「西洋の音の運び方」なのだ。

 

「さくら、さくら」を弾いて、

そのことに、初めて気がついた。

 

雅楽は敷居が高すぎて、全く親しんでこなかったが、

昨日、「さくら、さくら」を弾いてみて、心地良かった。

 

あまりに物珍しくて、何度も何度も弾いていたら、

今朝、左手が、ほんのりと痛い。。

 

腱鞘炎の記憶が蘇ってきて、若干、不安。

念のためシップをしている、ナウ。

 

「さくら、さくら」を弾きすぎて腱鞘炎とか

なかなかマヌケだなと思う。