熊谷守一はグラフィックデザイナーだった‼?

2018.3.2

昨日、熊谷守一展に行ってきた。

 

燃えるように行きたいとか書いたけど、

あの時点で、「本当に、行けるかな?」と、自分で半信半疑だった。

 

熊谷守一展は、国立近代美術館(竹橋)でやっていて、

昨日は、小学館さん(神保町)での打ち合わせがあった。

 

仕事の資料が旅行のキャスター1つ分あって

それをコロコロ連れて見るのもどうかなぁ? と思ったけど、

「別の日にまた」とかやっていると、見逃す自信があった。(どんな自信だ?)

 

だから、キャスターをコロコロ連れて見る覚悟で入場したら、

入場してすぐに受付の人が自ら(←ここ大事)

「受付でキャスターをお預かりしますね」と申し出てくれた!

 

国立系の美術館は全てコインバック式のロッカーがあるけれど、

こんな大きな荷物も預かってくれるんだ! 

 

これで、展覧会を見るハードルがひとつ下がった。

 

打ち合わせの時は、資料の山と一緒に移動することが多いので

キャスターを預かってもらえるんだったら、

打ち合わせ with 美術館 っていうコースもアリだな。

どこの編集部も、美術館が近くにある場所にあるので。

 

 

熊谷守一の絵の中で、

有名なものは、晩年の作品が多いんだと思った。

 

展示は彼の年齢順になっていたけれど、

晩年の部屋は、「熊谷守一になる」という感じのタイトルがついていたほど。

 

シェイクスピアを読んだ時、

「この人、コピー上手いな!」と思ったのと同じような感覚で、

熊谷守一の絵は、グラフィックデザインなんだと感じた。

 

テンポがあって、軽い!

 

彼の絵を見ていると、心地がよい。

 

「絵画でございます」みたいな重さがない分、

生活の中にあっても、邪魔にならない感じ。

 

色使いも、吹っ切れてていて、

ありきたりな言葉で言えば、斬新! なんだろうけれど

その舵の切りっぷり、潔さのようなものが、生理的に好きな感じだ。

 

彼の初期の作品は、すごーーく暗い色使いだし、

富裕層の出身なのに絵が描けなくて貧窮にあえぎ、

医療費が払えなくて子どもを亡くしたりと大変そうな人生だったのに、

晩年の彼の絵は、いろんな意味でふっきれていて、

それが格好良かった!!!

 

ちなみにシェイクスピアは、

「人類初のコピーライター」と言われることもあるそう。

 

 

絵を見る自分。の体感が、少し変わったなと感じたので書いておく。

 

今までより、薄皮一枚分くらい、

絵を素直に見ることができるようになった気がした。

 

学生時代の専門が芸術史だったせいか、

絵を見る時、どうしても蘊蓄(うんちく)が気になってしまう。

 

その作品が描かれた時代背景だとか、作者の人物像とか、

芸術史の中のその作品の位置づけとか。

 

絵を見るよりも、

そういう説明書きを一生懸命読んじゃうタイプ。

 

今回、閉館までの時間が限られていたから、

ざ~とみて、ただ、感じる。みたいな、見方をした。

 

それが、すごく心地よくて。

絵って、別にこうやって見てもいいんだ! って思った。

 

熊谷守一『ミニメモ』

 

展覧会まで、私の彼の印象は、

・家から出ないで絵を描いていた人

・そーとーな変人(髭の長い仙人風の風貌からの印象)

 

それを検証してみましょう!

 

【家から出ない人】

家から出なかったのは、76歳で脳卒中を患った後30年だけで

写生旅行が必要な絵もたくさんあった。

 

【変わり者】

「これ以上人が来てくれては困る」と文化勲章と勲三等を固辞したそう。

世俗的なことには、本気で興味がなかったのかもしれないですね!