声は、掛けて下さい! ~道端の鼻歌問題につき~

2018.4.27

昨晩、近所のママ友に息子たちの「おさがり」をお届けした時の会話。

 

ママ友。「先日、Kさんが鼻歌を歌いながら自転車に乗っているのを

お見かけしました」

 

★ この界隈では、私は夫の姓である「Kさん」と呼ばれている。

ママ友といっても、「おさがり」を差し上げる間柄だけあって、年下。(ゆえに敬語)

 

私:「マジ? 声、掛けてよ!」

 

ママ友:「でも、気持良さそうだったので、ずっと後をつけて自転車乗ってました」

 

鼻歌まじりの私の

後をつけ続けているっていうのも、たいがいだけどねぇ。

 

私:「それって、いつ?」と、日時を確認してみると、

N響を聴いた帰り道だった模様。

 

あはん、納得。

 

私は基本的に、「音楽在住 ときどき 日常」みたいなところがあるので、

そりゃ、N響聴いた帰り道だったら、音楽の世界に没頭しているよねぇ。

 

ママ友曰く、「鼻歌は、おそらくクラッシック系だった」とのこと。

その日、聴いた曲でも歌っていたんだろう。

 

私:「つかさ? やっぱ、声掛けて、欲しいなぁ。恥ずかしすぎるだろ!!!」

ママ友:「私も、多分、道端で鼻歌を歌っていると思うんです。

私、Kさんの姿を見て、『道端で鼻歌歌ってても、大丈夫なんだ』って、思いました。

 

絶対に、鼻歌歌うのやめとこう!! とは、思わなくて。

 

私が、Kさんの姿を見た時に、『楽しそうねぇ』と温かな気持ちになったように、

人は私の鼻歌姿を、こんなふうに眺めるだろうなと思ったんです」とのこと。

 

そうなの? そういうもんなの???

 

でも、私的には。

鼻歌歌っているのを道端で見かけたら、

声は、掛けて欲しいです(懇願)