腱鞘炎、その後

2019.11.13

腱鞘炎になって以来、久しぶりに

昨日、ビオラを弾いてみた。

 

練習を始める前、指ならしのスケールを弾いただけで、

やっぱり痛い(号泣)。

 

「今日、弾くのやめようかなぁ」と思ったけれど、

ヘッドフォンをつけて、ラフマニノフの1楽章だけ弾いてみた。

 

弾いた。というよりも、

楽器を構えて、大丈夫そうなところだけ、

ボーイング(右手)の動きを確認した、という感じ。

 

これは、これで、アリな練習だなと思った。

 

いつもより、ずっと、ずっと

曲から、気持ち的に距離がとれたから。

 

いつも、片想いが全く届かない感じで

曲に対して、欠乏感ばかりを感じているのですが。

 

演奏会に出られないかもしれない。

 

そこからのスタートだと、弾ける部分があるだけ

嬉しいというプラスの感情が、やっと生まれた。

 

腱鞘炎が悪化して演奏会に出られなくなるよりも、

演奏会の席に座れて、弾けるところだけ弾く。

 

その方が良くないか?

(パートの皆様には、申し訳ないけれど・・)

 

こう書いても、まだザワザワと

「弾けない、練習しなきゃ!」みたいな気持ちはあるけれど、

でも、練習できないんだから、しょうがないよね・・・。

 

今日は都内に出るから、夜は練習するのを休んでホテルオークラにある

音楽会のある展覧会に行ってみようかな・・・。