ランドセルを学校まで運ぶ 15分

2014.4.28

「ママ、忘れ物した!」と、次男が走って帰ってきた。「いってらっしゃい」と送り出したのは、たしか10分以上前。「アンタ、どこらへんで忘れモノに気付いたの?」という問いが頭をヨギるより早く、私は玄関に向かって走り出している

 

「ママ、ランドセルを自転車で運んであげるから、アンタ走りな!

「うん、わかった」と言った次男が、すかさず、「ママ、エプロン外して!」と叫ぶ。

ふと我に返ると、ド・ピンクのエプロンをしたまま、靴を履いていた

 

エプロン【この春、買ったお気に入り。イケアで1000円也】

 

ド・ピンクのエプロンをして、ランドセルを自転車の後カゴ乗せ、激チャリ(自転車を激しく漕ぐこと)している姿・・。客観的に見ると、、相当シュールだな。でも、それが私の現実なのだ

 

このバージョンは、「長男の鞄を駅まで運ぶ」というのもある。寝坊とか忘れ物とか・・。朝は想定外のことが、たびたび起こり、そのたびに激チャリ出動となる。