【ビオラ】音の粘り気について

2016.11.22

11月14日(月)午前9:30~午前11時半まで、2時間レッスンをして頂きました。

 

【雑談】

 

私の音に粘り気が欠けている件

ふくらはぎ、腰から肩甲骨にかけての背中、上腕部の裏。

そこらへんがしっかりしていないので音に粘りがない。

スカスカとした音となってしまう。

 

→自分でもそう思う。弾くための「覚悟」みたいなものが薄い。

「自己受容」の問題かもしれない。

私は、「私の現段階」のビオラを弾くという気持ち。

 

「いつか、どこかに辿り着きたい。それは今日じゃない」

そういうんじゃなくて、

「今日、今の、私のビオラを弾く」

という気持ち。そんな気持ちで、ビオラを弾こう。

 

【基礎】

 

・左の肘が中に入る傾向があるので気をつける。

・弓元になったら、軽く背のびをするような感じで

すくいあげるように弾く。

・かかとは全部上げないけれど、足を使う。

・ひじを押す。(下がりすぎないこと)

・弓をもっとしっかりもつ。

・弓元にきたら、手の平の力を抜く。

・UPの最後は右手の1の指の力を抜く。

・ボーイングの練習の時も、リズムを意識する。

 

【エチュード】

・スタッカートの前は、しっかり止まる。

止まる前はブレーキを踏むような気持ちで。

・止まる前に音が抜けないように。弓の毛はつけたまま。

・弓にもっと体重を乗せる。

 

 

2017年、夏の演奏会は、7月2日に決定。

 

パートリーダーへのメールを覚書として貼っておく。

(すいません! この記事自体、私の覚書ですね・・)

 

○○くん

こんにちわ! 

幻想交響曲に決まったのですね!
ドキドキしました。

私の希望を述べさせて頂くとすれば、、

サンサーンス 歌劇サムソンとデリラからバッカナール
ベルリオーズ 幻想交響曲

に、のりたいです。

ただ、調整要員を名乗れるほどの者ではありませんが、
弾けと言われた曲は、弾きます。
(もちろん、降りろと言われた曲は降ります)

あーー、でも、幻想は弾きたいかなぁ。。。。。

シベ1の時は、当たり前のように1曲のりを
ご承諾頂けたこと、今さらながらに感謝しております。

その蔭に、現役の方にお声掛け下さるなど
○○くんが調整の努力をしてくれていたこと、
途中で気がつきました(遅い・・・・汗)

半期休ませて頂きまして、
あらためて自分にとってのOBオケの存在の大きさを
実感しています。つまりは、ヤル気を充電させて頂けたというか。
そんな感じです。

今後は、「復帰したばっかし」という言い訳はせず、
ビオラの頭数に入れて頂けるよう、精進していきたいと思っています。

以上