「非日常」から「日常」に戻った日の話

2019.1.24

一昨日、ものすごい刺激を受けて、

昨日一日、ボンヤリしてしまった。

 

自分でいうのも何ですが、

わたくし、感受性が強い部分があって。

 

本を一冊読んだだけで、寝込む。

みたいなことが、わりとよくある。

 

受け取ったものを、自分の中で増幅する力こそが

文章を書く、エネルギーそのもの。

だから、とても大切なんだけれども。

 

それにしたって、受け取ったものが

あまりにも、「非日常」すぎた件。

 

昨日は、出会った方たちに御礼メールを書いたり、

新しい世界を開いてくれそうな書籍を買ったり。

そんなこんなで一日が暮れておりました。

 

要は、仕事が手につかなかった(笑)。

 

今日は、絶対に書かなければいけない原稿もあるし、

どうするべ? と、思っていたところ。

 

こんな言葉に出会った。

 

常に日常の自分に立ち返り、
日常の自分の現実に果敢に挑み、
しかも、地道に取り組み続ける覚悟と
勇気のある実践者

 

断捨離のやましたひでこさんの言葉です。

 

「自分の日常」の中で、できることと、

ひとつ、ひとつ、向き合っていく。

 

それだけしかない。

 

よし、取材のテープ起こしを始めよう!