三男が言うには

2019.2.21

昨晩、三男が突然、こんなことを言っていた。

 

お母さんの良いところは、

僕たちに無関心な点だ。

 

いやいや。むしろ、全然、無関心ではないけど? 

昨日のブログは、息子たちへの未練を語ってみている勢いですが?

 

でも、息子にウザがられるよりは、マシか?

 

「命がけの恋」とか言うけれど。

幼い子供にとって母親は、まさに命綱である訳でして。

 

そりゃー、全身全霊で求めてくれるよなぁ。

 

あの時感じた、「この子たちより大切なものはない」という気持ちは事実だし、

私の人生においては、あれ以上に「甘やかな記憶」は、ない! とも言える。

 

そんな時代が、終わりつつあるという事実。

まだ直視するのは、少々、厳しいのですけれど。

 

その現実を、だんだんと受け入れていく時期なんだということを

毎日、ボンヤリと考えている、今日この頃なのでした。