発達障害の私。「支援と理解」、そして「開き直り」

2019.5.14

私は、発達障害がある。

 

正確には、「発達障害の傾向」がある。

なんだけれど。

 

検査をすると、数値的には、

「日常生活を普通に送れないレベル」らしい。

 

けれども、発達障害の診断基準には、

「家庭や職場など2か所以上で困っている」という項目があり、

私は、両方ともで、あまり困っていない。

 

仕事は、特性を生かせるものをチョイスした。

家庭生活は、とても楽しい。(家族は困っているかも・・!?笑)

 

ゆえに、発達「障害」ではないものの、

現実問題として、脳の認知に偏りがあるので、

時々、困る時はある。

 

先日も、そんな「困り感」が出てしまい

周囲に助けを求めてみた。

 

そうしたら、みんながそれぞれの言葉で

支援やアドバイスをくれて感動した。

 

私の場合、明らかに『できない』『わからない』ことがあるので

そこは、「障害」と諦観を持って自分を受け入れ

周囲に理解や支援を求めないと、やっていけない部分はある。

 

この状態って、一歩間違えれば、

いや、私側が一歩間違えなくても、

相手によっては「開きなおっている」というふうに感じることも

あるよなぁと思う。

 

そこらへん、どう考えて、

自分がどう在るべきなのか?

 

そんなことを言語化できていくと、

私のような人の支援や理解が、世の中に伝わりやすいかもと思った。

 

まとまりのない文章だが、

そんなことを感じている朝。ということです。