お似合いの夫婦

2019.7.3

貴景勝のお父さんとお母さんが、お似合いすぎる!

 

昭和のカホリとも言おうか!

 

このジェンダーレス。な時代に。

そして、私自身、なるべくジェンダーフリーに暮らしたいのだが。

 

それなのに。

やけに、このコッテリした

「男ジェンダー」「女ジェンダー」な感じが素敵にみえる。

 

これは、どういうことであろうか?

 

そういえば。(と話がスッゴク飛ぶけど、最後は戻る)

 

ワタクシの20代は、商社 → マスコミ業界という職歴だったので、

食生活がとっても爛れておりました。

 

すごく格好よく言えば、美食家!?

「あの店がいい」と聞けば、あの店に行き、

「この店がいい」と聞けば、この店に行く。みたいな?

 

エンゲル係数高めな、

でも栄養学的にはダメダメな感じの毎日でして。

 

「子供が欲しいとか思っているのに、こんなんじゃーダメ!」とか思い、

マクロビオティックの総本山のような

リマ・クッキングスクールに通うことに致しました。

 

今でこそ、マクロビオティックって言葉も浸透してきたけれど、

当時(1998年~2000年頃)は、

ザ★ヨガ。みたいな人が多かった界隈に迷い込み。

 

「何か違う・・」とかヨギりながらも、爛れた生活から遠のきたい一心で

肉食を一切止めて、グルテン料理などに血道をあげておりました。

 

そして、待望の長男妊娠。

 

その途端、ジャンクフードが死ぬほど食べたくなって

私のマクロビオティック生活は終わった件。

 

チーン・・・・! 

 

とにかく、やることが極端。

針を振り切りすぎますの、ワタクシ・・。

 

なんか、そんなことを思い出した。

 

で、話を戻して。

 

コッテリした「男ジェンダー」「女ジェンダー」が

やけに素敵に新鮮に見えるのは。

 

それは、きっと、

ジェンダーレスな方向に針を振り切りすぎている

んだろうなぁと、ウッスラ感じた次第でございます。