吉祥寺 もんくすふーず ~オーガニックレストラン~

2020.9.9

【おうちごはん、みたい】

 

吉祥寺の街は、常に、常に、

新しいお店ができる。

 

新陳代謝が、とっても、激しいのだ。

 

大げさな感じでなく、週に1回は、

どこかしらに、「へー、こんなお店できたんだ」って

ペースで、新しいお店ができていく感じ。

 

・・・ということは、

なくなってしまうお店も、たくさんあるというのが現実です。

 

そんな街で、もんくすふーずは、

37年間も続いてやっている。

 

すごいな!!

 

もんくとは、「monk 」と書き、修行僧という意味。

「もんくすふーず」という店名は、

修行僧の食べ物。的な意味合いなのかな? 

 

別に精進料理って訳ではなくて、肉や、魚のメニューもあるので、、

作っている側の気持ちが、修行僧なのかな? って、私は思った。

 

【窓辺の席をチョイス】

【細長い店内です】

 

平日の昼間だったせいか、

お客様で混みまくっている、という風情もなく。

 

それも、「吉祥寺のランチ」という意味では

ポイント高いと思う。

 

夫は、「味の完成度が高い。

世界観がある味だ」と、言ってました。

 

うん、それ、わかる。

 

こういうお店があるって、

何か、安心するんだよね。