吉祥寺 WESTERN  AVENTI ~吉祥寺で64年~

2021.6.23

【SAINTJAMESの赤い靴下を買った】

 

WESTERN  AVENTIは、

吉祥寺のハモニカ横丁にあるジーンズショップ。

 

店名は知らずとも、「言われてみれば、ハモニカ横丁に

ジーンズショップあるよね」と、街角の画像とともに

店構えをイメージできる人は多いと思う。

 

お天気が良い日は、店主さんが、

店の外に椅子を出して座っていらっしゃる。

 

この店主さん、ザ★吉祥寺っていう

雰囲気があって、何だか好き。

 

先日、お話をしてみたら、

このお店、吉祥寺で64年もやっているそう。

 

「『洒落たもんが売っている』って、昔はみんな

オートバイに乗って地方からきたもんですよ」と、

おっしゃっていた。

 

このお店、和風の小物 ~浅草の雷門あたりで売ってそうなやつ~も

置いてあって、「はて!?・・・何故だろう」と思っていたのだが、

おそらく、多分、きっと。

 

ここで買い物をする人は、「東京土産」的な意味合いの

買い物をする人も少なからずいるんだと思う。

 

吉祥寺って、ある意味、観光地だからね。

 

「洒落たもんが売っている」というフレーズが

おそらく80歳オーバーであろう店主さんの口から出ると、

80年代にタイムスリップした感じがした。

 

80年代はファッション誌にとても勢いがあって、

私は京都に住んでいる高校生で

キラキラした大都会のTOKYOに憧れていた。

 

50代になった私は、

洋服ダンスの生態系が崩れるのがイヤとか言ってますが、

ふと、「高校時代に好きだったファッションでも着てみるか~!」

という気分になり、赤い靴下を買った。

 

 

【赤い靴下を起点に思いついたコーディネート】

 

ストレートジーンズとローファーを合わせ、

白いシャツを着る。

寒かったら、グレーか紺のセーターか

パーカーを着る。

アウターは、茶色のトレンチ。

 

って。

結局、今の私の洋服ダンスの生態系内で

コーディネートできた件。

 

「服の好み」は、そうそう変わらないのね。

靴下だけ、ポイントで赤を使うってことか。。。

 

あ、でも、ローファーは、買わないとね!

 

茶色のローファーがいいか、

黒のローファーがいいか、めちゃ、迷う。

 

一度、全身、その服を着て、買い物に行ってみることにする。