何ですか? 文句ありますか? by 三男

2021.9.1

本日は、9月1日。

 

昨晩は、夏休み最終日の

宿題が終わらないから、死ぬ気で頑張る」という定例セリフを

三男が呟いており、母は、大笑いした。

 

「何ですか? 文句ありますか?」と、三男。

 

「文句は、ないけどさ。あまりに毎年言っているから、笑う。

学習しなさに、感銘を受けるレベル」と、母。

 

彼らが幼い頃は、もっと切実に

「宿題やったの!?」と、せっついていたけれど、

高校2年生になった今、さすがに、母は他人事だわ!

 

来年は大学受験だから、学校から出される

夏休みの宿題的なもの。は、ないだろう(多分)。

 

少なくとも、長男の学校はなかったように思う。

 

そもそも。

長男の学校は、中高6年間を通じて

夏休みの宿題的なものは、なかったが。

 

そう考えながら、恐ろしいことに思い至る。

 

宿題について呟いているのは、

ほぼ、ほぼ三男で、次男は、何も言わない。

 

次男の学校は、夏休みの宿題的なもの。が

ない学校なのだろうか? 

 

いや、そんなことはない。(反語)

どうしているんだ!?

 

次男は、日頃から、私と交信しない人だから

聞いたところで、まともな返事があろうはずもなく。

 

私の心の安定のために、

深追いをしないことにしておく。