主婦業の最適化を考える

主婦er 〜主婦業の最適化を考える〜

つつじの季節 ~2023年4月新宿御苑~

2023.4.18

つつじが綺麗でした

つつじは、春~初夏のお花

季節によって移り変わるもの、たとえば、果物やお魚。

そういったものを、食卓に採り入れてきた。

それと同じノリで、「季節によって移り変わるお花について、もう少し知りたい」と、思うようになった今日この頃。

花屋を経営している能勢さんに、「今の季節のお花は、なぁに?」と聞けば一発なんだろうか、それじゃー、意味ないし、覚えられない。

エピソード記憶

教育記事を書く関係で、ワーキングメモリ―(脳のメモ帳)関連の知識を、少し嗜んでおります。

記憶は、実体験のエピソードと結びついたものが、最も強い。

だから、「幼児期は、実体験をさせることが大切」と、よく言われる。

「犬」が「イヌという読み仮名で、この画像」とドリルが解けることよりも、「犬」に実際に近づいた時の、匂いや音(吠えられた)とか、触った毛並みとか、そういったものを脳は記憶し、育っていく。

幼児期でなくとも、「自分を育てたい」と思ったら、実体験をさせてあげることが「最上級のおもてなし」なんじゃー、なかろうか?

丘りんとUちゃんと

だから、今回の新宿御苑パトロールは、「丘りんとUちゃんと久しぶりに新宿御苑に行った」というエピソードがあるのが嬉しい。

新宿御苑はよく行くけれど、いつも独り行動だからエピソードがない。

文筆業の友達と話す愉しさ

丘りんは、文筆家の芳麗さんのことで、このブログにも、よく登場している。

Uちゃんは、脚本や小説を書く人で、この春(3月)に、新作が完成したそうだ。

小説を「完成させる」って、すごいな~!!!!

私も、「小説を書いてみたい」などと呟いているが、優先順位としては、だいぶ低い。

その前に、やりたいことがあって、「小説を完成させる」に辿りつけない予感しかない。(どーよ!)。

そんな私だから、Uちゃんに聞いてみた。

「どうしたら、小説を完成させられるの?」と。そうしたら…。

「完成させるって、決めるんだよ」と、言っていた。

先程の実体験の話ではないけれど、「実際に小説を完成させたことがある人」の言葉って、迫力あるね。

「小説を書くための入門本」は、ゴマンとありまして。そういった類の本をパラパラと眺める程度のことは、何回もしておりましたが。

小説入門本の100万倍くらい、脳にズキューンとキター!!!

・・・という訳で。

「文筆業の友達と話すのは、愉しい」というエピソード記憶とセットとなり、「つつじは春から初夏」が、脳にしっかりと記憶されたと思われます。(多分ね…)

小説はどうしたんだ! という、突っ込みは置いといて下さい。