1月31日は、アイサイ(愛妻)の日

2020.2.3

【お正月のお花と一緒に投込み】

 

1月31日は、アイサイ(愛妻)の日だ、そうだ。

 

夫が、「店の前を通ったら、愛妻の日って書いてあったから」と、

花束をプレゼントしてくれた。

 

上の写真の手前にある、ピンクのお花がそれだ。

花束の状態で、写真をとっておけば良かったな。。

 

お正月飾りのお花と一緒に、

投げ込みで生けてみますた。

 

夫はダークスーツと白いワイシャツで

出勤するような堅い会社のサラリーマンだ。

 

間違っても、

石田純一みたいな人ではないのだ。

 

 

そんな人が、「愛妻の日!」とか書いてある

花屋さんで、お花を購入している姿を想像すると、

何だか、申し訳ない気持ちになった。

 

前にも書いたことあるけれど、

夫は、私の誕生日など、イベントを祝ってくれる人だ

 

エライなぁ!、すごいなぁ! って、いつも思う。

 

夫は私より年下だし(社会人年齢だと、彼の方が6年年下!)

世代が違うかもしれない。。。とも、ちょっと思う。

 

うちは息子3人の家庭なので、

父親が奥さんを大切にしている姿は、見せておいて損はない。

 

ありがたいことだと思って、

感謝の意を表し、ブログにアップしてみました。

 

●追記

石田純一、について。

 

今、石田純一って、「妊活に協力的なパパ」な

イメージなのかしら? と、ふと思いました。

 

本日、これからインフルエンサー的な方の取材に

30代の編集者さんと行くんだけれど、

そのやりとりの中で、「私の感覚って、古いなー!」って

感じたので、一言、添えたくなりました。

 

昭和44年生まれでバブルの頃にOLだった私にとっての

石田純一って、「素足にローファー」とか「不倫は文化」とかの

イメージなんです。。。

 

詳しくは、下記を参照下さい。