太宰治に励まされる!?

2022.10.4

「アコスタディオ」は、趣のある素敵なスタディオでした

 

日曜日、二人朗読会に行ってきた。

太宰治「お伽草紙」より。

 

二人朗読会。

何と、シンプルな表現形態なのだろう。

 

たとえば、「一人芝居」だったとしても

身振りや手振りがある。

 

たとえば、ソリストの演奏会だったとしても

楽器がある。

 

でも、朗読会は言葉のみ。

 

朗読会をされたお二人は、朗読の名手なのだろう、

目を閉じて、安心して言葉の世界に浸れた。

 

 

控えめに言って、私は太宰治が苦手だ。

 

でも、今回、朗読というかたちで太宰治の作品に触れて、

「もう少し、太宰治に触れてみようかな」と、思った。

 

今回の演目を、彼は、防空壕の中で書いたようだ。

(冒頭の『前書き』を参照下さい)

 

1話目の「カチカチ山」の話を拝聴し終わった時の

私の素直な感想は。

 

「防空壕の中で、こんなことを考えるって、

頭、おかしいんじゃないの?」だった。

 

太宰治の桜桃忌。

三島由紀夫の憂国忌。

 

作家に「想い入れる」という意味では、

両者のファンは、双璧なのではないか? 

 

ちなみに。

 

私は、若い頃、三島由紀夫の憂国忌に

参列したことがあるし、お墓参りにも行った。

※ 今、三島由紀夫は、好きではないが。

 

そんな私の感性にとって、太宰治は湿気がありすぎる。

やっぱ、無理・・・。

 

そんなことを思いながら、第2話の「舌切雀」を拝聴して、

物語の解釈、落とし込み方に、「スゴイ!!!」と、唸った。

 

ネタばれになるので、詳しくは、

新潮社さんのリンクに譲るが。 コチラ。

 

リード文を抜粋しておきます。

 

+++

困難な戦争期にあって、深く芸術世界に沈潜することで時代への抵抗の姿勢を堅持し、日本文学の伝統を支えぬいた太宰中期の作品から、古典や民話に取材したものを収める。“カチカチ山”など誰もが知っている昔話のユーモラスな口調を生かしながら、人間宿命の深淵をかいま見させた「お伽草紙」

+++

 

困難な戦争期にあって、

深く芸術世界に沈潜することで時代への抵抗の姿勢を堅持

⇒ 防空壕の中で、「カチカチ山」を考えられるっていう姿勢は、

すごく良く表現すれば、確かに、そういうことよね。。。

 

でも、当時の「ふつう」から考えたら、

奇異というレベルで、逸脱していたのでは?

 

さらに。「舌切雀」のおじいさんの人物造形が、

最近追いかけているテーマである、ギフテッドと重なった。

 

ギフテッドの記事群は、コチラ。

 

小説に登場させる人物というのは

作者の内面の投影のことも多いので。

 

太宰治もギフテッドなんだろうな~と思った。

 

そして、本ブログのタイトルなんですが。

 

最後に、朗読者の一人である梶取さよりさんが、

「太宰治に励まされています」と、おっしゃったことに

私は最も衝撃を受けた。

 

太宰治に励まされている!?

 

前述の通り、桜桃忌か憂国忌かと問われれば

私は、憂国忌を選んで参りましたが。

 

自分の「太宰治的な部分」は、

見ないようにしていたんですけど。

 

でも、「ギフテッド」というテーマを扱うようになって

太宰治的なアプローチが必要になってきた、というか。

 

太宰治作品に触れた時の

心の動き、大切だな~と、思い始めている。

 

けれども、いかんせん、黙読は辛い・・・。

 

から~の。

 

太宰治作品朗読会。なるものを発見した。

 

開催場所は、偶然にも家の近所

(自転車で数分のところ)なので。

 

まずは、往復はがきを買って

応募してみるか~などと思い始めている。

 

「自己改革」と表現するのは

オーバーかもですが。

 

今まで、「できうる限り避けてきたこと」と

向き合う機会が、最近、頻繁にやってくる。

 

先日、参加することに悶え苦しんでいた

「作詞のワークショップ」も参加する予定です。