月別アーカイブ: 2016年3月

【ねこ日記】冬のソファにて

もうすぐ春用のソファーカバーに衣替えをしてしまうので

ちゃま@冬のソファカバーにて、の写真をアップしておきます。

 

んーーー、ソファとねこ、ふかふか同士!!!

たまりません。

一括変更_DSC_0045 一括変更_DSC_0046 一括変更_DSC_0049 一括変更_DSC_0050

【母ちゃん、何してるにゃん?】

 

衣装ケースを手放す手続き 15分(2016年・春 ロフトの片付け②)

2016.3.7

ロフトの片付けに着手した日のこと(2016年・春 ロフトの片付け①)

の続きです。

 

一括変更_P1180875一括変更_P1180876一括変更_P1180879

【2号・3号くんに手伝ってもらう。長靴姿なのが小人っぽい】

 

「手放す」という作業は、とてもエネルギーがいる。

何なら、「片付ける」ということよりも。

 

一括変更_P1180883

これだけ大量の衣装ケースを一気に手放す時に

何とも言えない虚脱感があった。

 

「こんなに衣装ケースを買いこまなくても

良かったのではないか?」という自責の念すら生まれる。

 

そんな時、断捨離を提唱するやましたひでこさんの言葉に

とても励まされたので、少し長くなるが引用したい。

 

 

私たちは、本来、モノを、

暮らしに役立てるために、
暮らしの応援をするために、
暮らしを潤わせるために

取り込んできたはず。

モノも、本来、私たちのところへ、

暮らしに役立つために、
暮らしの応援をするために、
暮らしを潤わせるために

やって来たはず。

それが、いつの間にか、片づかない
という悩みの種に成り果ててしまったなんて、
可笑しなことですね。

その理由、その原因は、
この二つしかありません。

ひとつは、量。
そう、多すぎるモノの量。

どんなに役立つモノであっても、
余計に過ぎたモノは難儀な存在となる。

ひとつは、関係の変化。
そう、時間の経過による関係の変化。

どんなに必要なモノであったとしても、
時が経てば必要となくなり厄介な存在となる。

過剰という難儀。
関係の変化という厄介。

私たちは、それに気づかず、モノをずっと
取り置き、抱え込み、溜め込んでしまって
いるのです。そして、それが余計余分という
モノの過剰を招き、私たちは片づけに
悩まされているのです。

さあ、思い出しましょう。

モノは、今のあなたの友だち。
モノは、今のあなたの仲間。
モノは、今のあなたのパートナー。

だとしたら、残念ながら、もう友達でも、
仲間でも、パートナーでもなくなった
余計なモノたちとは、きちんと
お別れしなくてはなりませんよね。

昔の友達、昔の仲間、昔のパートナーに
悩まされているなんて、いつまでも、
そんな状態を引きずっていてはなりませんよね。

どうでしょう、そうは思いませんか。

どうか、あなたの周りのモノたちが、
あなたの身体と気持ちを励ましてくれる
朝の光のようなモノばかりとなりますように。

 

 

関係性の変化、という言葉が

とても心に響いた。

 

これらの衣装ケースは、

古くは新婚の時からだから18年間、

新しくても札幌時代からだから10年間、

ずっと我が家を支え続けてくれたものだ。

 

とても感謝はしているけれど、

今、前に進むために、彼らとお別れしなければならない。

 

そう、前に進むために。

そう自分に何度も言い聞かせて、一気にさようならをした。

 

一括変更_P1180880 一括変更_P1180881

母の感傷をよそに、テキパキと、機械的にto doをこなしてくれる

若いエネルギー! にも励まされた。

息子たちがいてくれたよかった!

 

最初から全部読む場合は。

2016.3.7 ロフトの片付けに着手した日のこと(2016年・春 ロフトの片付け①)

 

【ねこ日記】潜伏

潜伏①

ちゃま :

「双子が帰ってきたよ。

奴らは、俺のことをイジくりまわすから、苦手なんだ。

ここに潜伏しておこう」

 

潜伏②

2号くん :

「ちゃま、こんなとこにいたの?

探したよぉ。んーーー、モフモフさせて」

 

ちゃま :

「お前、空気読めよな!

仕方ない、俺が大人になって触らせてやるか」

 

 

お墓参りに行く 1日

一括変更_P1180967

【2号くん、奮闘中】

 

3連休最終日は、お墓参り。

朝、5時半に家を出て夫の実家のお墓(横浜)と

私の実家のお墓(土浦)の両方の墓参り。

 

帰宅は、午後3時。

達成感があった~!

 

移動って、疲れるものね。

寒かったのもあったのか、

そのまま倒れ込むように寝てしまって

起きたら、上記のような風景。

 

双子が、ご飯を作ってくれていた。

朝食みたいなメニューだけれど、夕飯です。

 

お墓参りに行くと、心が落ち着く。

心の垢が洗われたようにサッパリする。

 

せっかく生きているんだから、

やりたいことを思いっきりやろう!

そんなことも思った。

主婦も悪くない?【我はいつから主婦になったのか?⑨】

2016.3.4

我はいつから主婦になったのか? 8

の続きです。

 

 

そんなある時、学生時代の友人の家に遊びに行った。

 

その友人は双子ちゃんが生まれたので、

お母さまが、お家にお手伝いにいらして下さっていた。

 

お母さまが作って下さった、ちらし寿司を食べて、

共通の趣味(楽器、オーケストラ)の話で盛り上がる。

学生時代の友人と過ごす、ゆるやかな時間。

 

帰り道、家の近くの最寄りのバス停でバスを降りた時に

「主婦っていうことは、こういう時間を過ごしたっていいんわけだ」

と思った。

 

夫は会社員だから、平日の昼間にこんな時間を過ごすことはできない。

私はフリーランスだから、平日の昼間に主婦として

こういう時間を過ごすことができる。

 

だったら、同じ土俵で張り合っていなくたって、よくない???

こういう時間を主婦として過ごせるのは、夫が働いてくれているからこそ。

 

そんな基本的なことにやっと気がついた。

子どもにチャーハンづくり指導 5分

チャーハンづくり

【3号くん、奮闘中】

台所育児。という本を読んだのは、

いつ頃だっただろう?

 

長男が1,2歳の頃で、感銘を受けた。

 

副題が~1歳から包丁を~ですからね!

 

そんな訳で、息子たちを積極的に台所に招き入れている。

 

この日はチャーハンを作っていたら

3号くんが「やりたい、やりたい」と言ってきたので、

ひと回し、二回し、チャーハンを炒めて頂くことに。

 

いや、もっと炒めたっていいんだけどね、

気が済んだみたい。

 

チャーハンづくり指導なんて素敵なタイトルをつけたけど

指導なんてしておりませんっす。

 

でも、いいの。

 

「チャーハンづくり楽しいかも!?」

「俺、チャーハン(ちょっと)作った」

という”気分”を味わってもらったら、それで充分。

 

そんな積み重ねが、いつか「チャーハン作れる」になるから。

 

この方法で、結構、レパートリー増えてます。

【買ったもの】ヴェレダのスキンフードとリップ

ヴェレダ

【やっぱりヴェレダ】

長らくヴェレダのスキンフードを熱愛していたが

ふとした気の迷いで、ロクシタンを買ってみた。

 

一括変更_DSC_0095

2015.12.30 ハンドクリームを買う 5分 

 

ごめん! 全然、違った!!!

 

私には(←ここ重要)

やっぱり、ヴェレダが相性良いみたいすー。

 

ロフトの片付けに着手した日のこと(2016年・春 ロフトの片付け①)

一括変更_DSC_0066

【天井裏を使ったロフト】

 

我が家には家全体分の面積分を使った、大容量のロフトがある。

今までは納戸として使っていたが、ここを片付けて

息子3人の寝室にすることにした。

 

そう決めたのは、随分前だけれど、

「よっこらしょ!」と片付けの腰を上げるのに半年以上かかった。(おいっ!)

 

一括変更_DSC_0068

【2階に衣装ケースを降ろす】

今回の最大のミッションは、衣装ケース全20個くらいを

全部カラにしてどけること。

 

そして、どうしてもとっておきたいものは

バンカーズのファイルボックスに収納しなおす予定。

#

 

 

一括変更_DSC_0068

【ケースを2階に降ろし】

中身を精査して、必要なものは他の引き出しに移動。

不必要なものは、ゴミに。

 

一括変更_DSC_0071

【このくらいのゴミがでました】

まぁ、かわいいものよね。

 

一括変更_DSC_0073

【カラになったケースは、1階に降ろす】

 

一括変更_DSC_0075

【過去の仕事ファイルも手放すことに】

過去の仕事ファイルの中も整理。

ひとつ、ひとつ、思い出が詰まっているので

手放すのは躊躇があるが、前に進むために気合をいれて

手放すことこ。

 

あらためて、いろんな雑誌でお仕事をさせて頂いていたな、と。

ありがたいこってす。

 

ここまでで、3時間。

午前中に終わり、旦那と二人で「お疲れランチ会」に

カレーを食べに行きましたとさ。

 

午後は、さらに天井裏を進みー、2時間。

その様子は、また来週!

 

男が二人いるような家庭【我はいつから主婦になったのか? 8】

2016.2.26

我はいつから主婦になったのか? その7

の続きです。

 

 

主婦が不在の家庭。

ずーっと昔、女優の大原麗子さんが離婚の理由を

「男が二人いるような家庭だったから」みたいなことを

いっていたけれど、我が家がまさにそんな感じ。

 

入社5年目の夫は「今は仕事をさせてくれ」と言うし、

私も仕事がしたかった。

 

当時、マネーライターとしての自分を深めたくて

社会保険を本格的に学ぼうと

TACの社会保険労務士講座に通っていた。

 

3歳児がいて、仕事をして、さらに資格のための学校に通う。

当然、時間が足りなくて

「ウィークデーは私が家のことをやっているんだから

週末は私に自由にさせて」などと言って、

夫に子どもを預けて勉強をしていた。

 

夫が休日出勤をしようものならイライラし、

夫が週末出張に行こうものならイライラし、

とにかく、「私の時間」を確保することにやっきとなっていた。

 

あの頃の自分を殴ってやりたい

 

家庭を誰かが守らないといけないのはわかっていたけれど、

自分が折れるのはイヤだった。

 

夫と張り合っていた。

 

家庭を省りみることは、

あの頃の私にとって「敗北」でしかなくて、

でも、一番大事な息子のために家庭が大切なのは

百もわかっていて。

 

支離滅裂な自分の欲望の「落としどころ」が見つからなくて、

家庭と仕事、息子のことを考えると

いつもモヤモヤして、辛かった。

 

辛かったから、考えないようにしていて、

それは何の解決にもなっておらず。

 

そんなことを悩むのに疲れると

「私ひとりで悩んでいて、夫は当たり前のように仕事をしていて」

ということが許せなくて、また張り合ってしまう、という堂々巡りを

続けていた。

【買ったもの】うるみ工芸のお椀とお箸

うるみ工芸②

【お椀とお箸を家族分、揃えた】

 

うるみ工芸のお椀とお箸を買ったのは、今から2年前。

銀座三越の催事で、たまたま見かけて買った。

 

たまたま。と書いたけど、

その日は、「今日こそ、お椀を三越で買うぞ!」と決意して

夫と二人で電車に乗って出かけたのだった。

 

常設で売っているお椀も見たけれど、

催事をしていたうるみ工芸のものが手に馴染んだので、買うことにした。

 

 

我が家は、毎朝、味噌汁を飲む。

 

雑貨屋などで適当に買ったお椀は、

そのうちに「ふち」のところが剥げてしまう。

今度こそ! と思って買うものの、

買った時点では見極められなくて、結句、剥げる。

 

そんな生活に、ちょっと疲れて、

今回ばかりは、

「値がはったとしても、良い物を買おう」

という心持ちだったのだ。

 

それが、正解。

 

2年使ってみたけれど、

いや、

2年使ってみたから、わかった。

 

全然、違う。

 

とりわけお箸は、夫婦二人分しか買わなかったので、

箸入れの中は、「普通に買ったお箸」「うるみ工芸のお箸」が

混在している状態で2年過ごした.

 

毎回、必ず「うるみ工芸のお箸」を探している自分がいた。

 

「うるみ工芸のお箸」は、口に当てた時に、独特の感触がある。

上質なひんやりとした感触。

その感触に慣れると、他のお箸で食べる時、

バサバサとした気分になるのだ。

 

そんな訳で

息子たちの分も、「うるみ工芸のお箸」を新調することにした。

 

ザ・野蛮。(とりわけ下の双子)な彼らが、

このお箸やお椀の良さをどれほど感じとってくれるかは、謎。というか

感じとってくれない方に1000万ペセタ! なだけど、

親の自己満足って、やつかな?