月別アーカイブ: 2015年9月

【つぶやき】パツン、パツン

このところ、公私ともにトップギアもいいところの生活だ。

全部、すごくやりたくて、楽しくて、満喫! って感じなんだけれど、

体は疲れている。

 

当たり前だわ。

 

ファミレスに入って、メニューを目で選んじゃう子どものように、

やりたいこと、魅力的なこと、がたくさんありすぎて、

ついつい、生き急いじゃっている感じ。

 

あと、自分で言うのも何ですが、

やるべきことは、わりときちんとやる。

それも、問題だ。

 

あ、本当にそうだ。

 

返事をしていないメール、

原稿の締め切り。

 

そういったものを放り出して、ちょっと今から

昼寝しよう。うん、それがいい!!

 

息子を漢方医に連れて行く 3時間超

漢方薬①

【漢方薬を1包ずつ切り分けて】

 

 

漢方薬②

【セッティングする】

 

 

三男は、やや蓄膿気味。

いつも鼻がグズグズしている。

 

耳鼻科に何度も通っているけれど、

根本的な解決には、どうしてもならない。

 

意を決して、銀座の漢方医に通うことにした。

 

「意を決して」というのは、そこの医院の予約がなかなかとれないから。

今回は、3ケ月ほど前から予約をいれた。

 

また、通うとなると、診察時間の関係上、学校を早退させなければならないので、

小学校の先生と話し合いをして、調整が必要だ。

 

当の本人は、「えー、ヤダ」と、とっても迷惑顔。

それは、それで小学生男子としては当然の反応なのも理解はできるので

毎回、診察後は「頑張ったご褒美」として、お茶をして帰ることになる。

私自身も、そこで休憩しないと、やってられない。

 

家に帰ってきたら、漢方薬を飲みやすいようにセッティングする。

ここまで考えると、なかなか、大変な仕事だ。

 

 

まぁ、でもね。

常に鼻がグズグズいっているというのは、人生のクオリティに関わる問題。

母は、がんばることと致しましょう。

手帳を買う 15分

P1180249

【2冊ともスヌーピー柄】

 

2016年度の手帳を、ロフトで買った。

 

ここ3年、スケジュール管理用に使っているのは、

写真、左側の「モレスキン」というイタリアの文具メーカーの手帳だ。

 

ウィキペディアによれば以下の通りで、そこそこに固定ファンがいる手帳なんだと思う。

吉祥寺のロフトには、専用コーナーが常設されているしね。

 

+++

オリジナルのモレスキンは19世紀後半、フランストゥールの製本業者によって手工業で作られた。パリの文房具屋で販売され、ゴッホピカソといった多くの有名人が使用していた。

+++

 

ペンが差せない仕様なのが、難といえば難だったのだが、

専用のペンケース入れも、別途、購入した。

P1180252

【写真・右は、今年使っている手帳】

 

ほぼ日手帳ユーザーだった私が、

モレスキンに鞍替えした決定打は、

スヌーピーのバージョンが発売されるからだ

 

それなのに!!!

昨年は、あろうことか、スヌーピーバージョンを買い逃がしてしまった。

買いに行った時には、完売してしまっていたのだ。ガーン……。

 

「でも、白だったから汚れが目立つから、いいもんね」と自分を慰め、

スヌーピーのシールを貼って、今年は、乗り切っている。(どんだけ好きなんだ!)

 

そんな訳で、今年は9月に入った時点で、

ロフトに行って、「まだ発売されていませんよね?」と確認する念のいれよう。

 

昨日、ロフトをのぞいたら、キターーーー!!!!!

速攻、買いましたとさ。

 

 

そして、ついでに、もう一つ買ったのが、

写真、右側。ガントチャートフォーマット付の手帳だ。

 

こちらも、スヌーピー柄だったのが決め手。(どんだけ好きなんだ!)

 

 

P1180249

【2冊目もスヌーピー】

 

こちらは、プロジェクトの進行状況を縦軸で管理できる仕様だ。

 

 P1180257

【上部にスヌーピーが印刷されているのがポイント】

もうだから、スヌーピー好きなの、わかったから!

 

締め切りを多数抱える身としては、(嘘です。忙しぶってみた)

複数の原稿を、常に同時進行している状況なので(これは事実)

各原稿の進捗状況が、一目で把握できて便利。

 

2015年10月からスタートしているので、来月から、早速使い始めるつもり。

 

今年も残すところ、3ケ月。

12月に母校のオーケストラの定期演奏会に出ることが急遽、決定し、

残り3ケ月は、ビオラ三昧になる予定。

 

時間を上手に使いたいな。

傘に名前をつける 5分

かさ名前つけ

【テプラでつけてみた】

 

子ども傘は、消耗品。

 

坊ちゃんたちは、

傘をバットにしてみたり、

引きずって先を削れさせてみたり、

そもそも、しょっちゅう忘れてきて

高い傘なんて、買えないと思っていた。

 

けれども。

 

いつも通り、1本500円の傘を西友5%引きの日に

買いに行ってみると、売っていない!!

 

仕方ないので、1500円くらいの傘にして、

テプラを貼ってみることにした。

 

 

子ども達にも言い聞かせる。

「今回の傘はね、すごく高いから (盛っている)

大切に使って下さい! テプラも貼ったの。すごいでしょ」

 

子ども達も神妙な顔をして聞いていたから、効果があったかな??

 

さて、どうなるか。

いつか結果発表します!

 

 

【ねこ日記】二人の昼寝

 

ねこがきて、2ケ月。

なかなか姿を見せてくれなかった、ハナ。が、

ソファーで寛ぐ姿を目撃。

 

 二人の昼寝②

【え? ハナ。が寛いでいる?】

 

二人の昼寝③

【落ちそうですけど、大丈夫ですか?】

 

二人の昼寝①

【何よ? 何か文句ある?】

 

いえいえ、何も文句はありません。

ゆっくりお寛ぎ下さい。

 

二人の昼寝④

【姉ちゃーん、俺も傍にいたいにゃ】

そこに、ちゃま。がやってきて、毛づくろい

 

二人の昼寝⑤

【そのうちに寝ちゃった】

 

 

二人の昼寝⑥

【姉さん降りてきて、ちゃま。に寄り添いつつ睨む】

 

すいません、遠巻きに見させて頂きます。

 

 

 二人の昼寝⑦

【そうよ、そこら辺にいてちょうだい】

 

夏をしまう 3分

夏をしまう

【水着と蚊取り線香をしまう】

 

水着と蚊取り線香は、「いつでも取り出せる場所」に置いておいた。

けれども、昨日、その棚を掃除する際に、そろそろしまい時かなと思った。

 

季節の外のものは、基本的に天井裏にあるロフトにあげてしまう。

ひとつの季節が終わったな。

 

 

季節外れのような気がして

猫と古本と紅茶 ~主婦的幸せ時間 3~

 

猫と古本と紅茶

【雨の音を聞きながらの読書】

 

買い物に行こうと思ったら、夕立ち。

 

万事、休すだ。

 

好きな音楽をかけて、紅茶を飲みながら、本を読む。

傍らには、ねこ。

 

完璧だ!!

 

この後、買い物に行く時間が遅れた分、

巻き巻きの夕飯準備だったけどな。

 

「今の情報」を追いかけているという仕事柄、

プライベートでは、古い本を読むのが好きだ。

 

谷崎潤一郎著「文章読本」。

昭和9年に書かれた本なのに、全く古びていない。

すごいなぁ。

 

出会い系に登録する 1時間

 椅子よさらば!①

【応募写真はコレ】

 

出会い系。

 

見ず知らずの方とネットを通じて知り合うことを

『出会い系』というのであれば、今回の話は、正真正銘の『出会い系』だ。

 

3人の息子の食卓用の椅子は、ストッケの『トリップ・トラップ』というシリーズ。

「足をきちんと床につけて食事をする」ということが、食育上、大切だと聞いたので、

双子の離乳食を始める頃、足板のあるトリップトラップを3つ購入した。

 

あれから10年。

 

私より背丈のある長男をトリップトラップに座らせておくのが

かわいそうな気がしつつも、

長年一緒に暮らしたトリップ・トラップを手放すのは忍びなくて、

なかなか「次のステップ」に行けなかった。

 

確か栗原はるみさんだったと思うが、娘さんが小さい頃に使っていたトリップトラップを

解体してとっておき、お孫さん(娘さんのこども)が使っているという話を

雑誌で読んだことがある。

 

素敵!!!

 

我が家には天井裏に大きなロフトがあるので、上記のように孫の代まで残しておくことも

考えたけれど、なにせ息子3人。お嫁さんにとっては、かえって迷惑だろう。

 

そんな逡巡を経て、手放すことを、ようやく決めた。

 

できれば3脚まとめて、譲り受けて下さる方に引き渡したい。

身近にそんな人は思い浮かばなかったので、

ジモティ http://jmty.jp/tokyo に応募することにしたのだ。

 

必要項目をインプットし、

自分の身分証明書(2種類)を写真で撮影し、アップロードをすれば登録完了だ。

全てネット上での作業で完結するのは便利だと思った。

 

そして迎えた『出会い系』デビューの日。

ドキドキしながら、簡単な自己紹介と冒頭の写真をアップすると、

次から次へと13通もの応募や問い合わせがあり、1日余りで応募は締め切った。

 

私が希望した条件は、以下の2つ。

 

3脚一緒に引き取って下さる方。

家までとりに来て下さる方。

 

その両方の条件を満たしていない方には、早々にお詫びのメールを送った。

 

「ネットで出会う人は怖い」という妙な先入観があったせいか、

「逆ギレされたら、どうしよう??」などと思っていたが、それは杞憂だった。

 

こんな感じで、みなさま、とっても感じが良い。

 

+++

ご丁寧にご連絡くださり、誠にありがとうございます。
そうですよね・・・
私も3脚購入したいと思いましたので、
とっても人気があると思います!
2日に1回くらい、「ストッケ」「トリップ」で検索しています・・(笑)
是非、素敵な次の持ち主様へお譲りください。

+++

 

結局、私と同じ3人の男の子のママに、エールを送るつもりでお譲りすることにした。

とても喜んで下さって、

翌日、息子さん達が食卓で使っている様子の写真を送ってきて下さった。

 

きっと新しい家族の中で、トリップトラップは、再び使命を果たすことだろう。

モノの命の連鎖を繋げられたようで、とっても嬉しかった。

 

 

椅子よさらば④

【今まで本当にありがとう!】

 

 椅子よさらば⑤

【次のお家でもがんばってね】

 

ありがとう、そして、さようなら!!