月別アーカイブ: 2015年7月

飾り棚を片付ける 10分

 P1170555

【あれ? ソコに登っちゃうんだ!】

 

窓の近くの飾り棚に、猫が上っているのを発見!

P1170554

【危ないでんがな!】

悪戯する気満々な気配が漂う。

 

しょうがないから、全てを撤去した。

 

 

 P1170558

【相当、殺風景】

 

 飾り棚というのは名ばかりで、

ガラス瓶以外は、「なんとなーく置き場がない飾り物」を

飾っていただけだったので、大半のものを捨てた。

 

だから、10分。

 

これが思い入れのある品ばかりだったら、

移動先を作るのに、もっと時間がかかったはず。

 

 

に、してもだな。

 

飾り棚を久しぶりに拭いたら、布巾は、真っ黒。

 

窓という「入口」に、

何となーく物を飾り、

物があるから拭き掃除もしなくなっていた期間が長かったということ。

 

運気の流れが、悪かったかもな。

これを機に、良い気が流れ 出すような気がした。

 猫が行くと思えば、飾り棚の掃除もマメにするようになるだろう。

 

良かった! 良かった!

私の誕生日を祝う 15分

P1170546

【7月19日で46歳になりました】

 

40歳になる誕生日は、

夫と二人で高層ビルで夜景を見ながら食事をした。

 

あの頃は、「夫がイベントを大切にしてくれるかどうか」が

重大な問題だった。

 

じっとりとした目で、「夫が何をしてくれるか?」を待っている自分に気がついて

ハッとした記憶がある。重いわ。

 

ずっと仕事中心の生活だったが、

次男、三男の出産を機に

家庭を基軸に生活をしてみると、

家族に求めるものが多くなるんだなと驚いたし、怖くなった。

 

 

あれから6年後の誕生日は、

終日セミナーを受けた後、

友達と食事をして、夜遊びまでした。

 

セミナーは最高だったし、

それを分かち合える友達との食事も楽しい。

その昂揚感そのままに夜の街をウロつくのも、夏ならではの楽しみ。

 

日付が変わって自宅に辿りつき、

麦茶を飲もうと冷蔵庫を開けてみたら、

写真のバースデーケーキが入っていた。

 

ヤバい。

食事は別。という約束はしていたけれど、

ケーキを用意してくれていたんだ、と、焦る。

ちょっと自己嫌悪にもなる。

 

翌朝。

自分達が塾の宿題をやっている最中に、

次男が誕生日ケーキの準備をしてくれた。

 P1170543

【勉強道具が散らばる食卓にて準備】

 

 

P1170548

【ビデオだって撮れるよ!】

 

ビデオ撮るのも、私の役目だと思っていたけれど、

自主的に誰かが撮ってくれる。そんなんでいいんだ。

 

 家族の生活は私がいなくても回っていて、

片手間でお祝いをしてくれる。

 

いいなぁ、この片手間感。

 

しみじみと、開放感を感じる。

何を手放した開放感なのだろか?

【ねこ日記】ちゃまは、だいぶリラックス

P1170560

【息子の足元で毛づくろいする、ちゃま】

 

猫がきて、10日あまり。

兄妹猫をもらったのだが、兄の方の『ちゃま』(本名:茶丸 4ケ月)は、

だいぶ慣れてきた。

 

息子の足元で、大股広げて、毛づくろいをしたり、

抱っこすれば、ゴロゴロ気持ち良さそうに目を閉じたり。

 

そもそも「隠れている」ということはなく、部屋の中を堂々とウロウロしている。

ある日、外出先から帰ってきてみたら、こんな姿で寝ていたし。

 

P1170562

【猫なの、忘れていませんか?】

 

 

双子が2泊3日に行ったのに合わせて、

猫を長男と夫に任せて、小旅行に出かけた。

旅行から帰ってきたら、私の目の周りの痙攣もとれていた。

「猫の世話に慣れること」から解放されて、リラックスできたのだろう。

 

夫が言うには、留守中、長男が猫の世話をよくしていたとのこと。

「あいつは、もうメロメロだよ」。

 

前の猫日記にも書いたが、

長男が、何かに強く執着や愛着を示すのと見たことなかったので、

母としては、それが一番嬉しかったりする。

エアコン2台を取り換え工事(2015年リフォーム記録)2日

 2

リフォーム①

【壁と同色に塗ったエアコン】

 

壁と同色に塗ってあるので、写真で見ると判りづらいが

リビングに設置しているエアコンが、そろそろ寿命。

 

いつもお願いしている大工さんに頼んで、新しいものに交換した。

リフォーム⑤

【エアコンを撤去する】

 

エアコンを撤去して、スタンバイしていたエアコンを設置する。

 

リフォーム③

【畳部屋でスタンバイ】

 

ついでに長らく故障していた床置きタイプのエアコンを、ガスヒーターにしてもらうことに。

ここは、少々、大工事。

リフォーム④

【ガスの配管をしてもらう】

 

 撤去されたエアコンは、玄関の外に出される。

さようならぁ~、と、少々、寂しい気持ちになる。

リフォーム⑥

【撤去されたエアコン】

 

我が家のガレージで、大工さんが作業中の写真をパチリ。

私がこの家を入手してから、一貫してお願いしている。

 

リフォーム⑦

【大工さん作業中】

腕がとっても良くて、毎回、仕上がりに満足している。

こういう方に出会えるかどうか? が、人生の質を決める。

有りがたい出会いに、感謝!

マグネットの油汚れを落とす 5分

油汚れとる

【科学の実験みたい】

換気扇のフィルターを止めているマグネット(はぁ、長い)の

汚れをとるために、漬け置き。

 

朝いちばんでつけて、昼にこすってみたら、

スルっ! てな感じで、汚れがとれて、超・嬉しかった。

漬け置き洗いって、大事なんだなぁ。

 

朝、同じ洗剤をつけてゴシゴシとこすっても、

なかなか取れなかったのに!

 

油汚れ取る

【マグネット待ちの換気扇のフィルター】

べローンと垂れ下がっている換気扇のフィルターも

汚れのとれたマグネットをつければ、作業完了。

 

 

 

 

 

 

 

【ねこ日記】子猫とお見合い

 

猫お見合い

【里親さんが我が家に連れてきてくれた】

 

一週間前は、今、我が家に猫がいるなんて考えてもみなかった。

 

出会いは、突然に!

 

「いずれは犬か猫を飼いたいね」と思っていたので、

「むさしの地域猫の会」http://www.musashinoneko.com/ の

譲渡会を覗いてみることにした。

 

覗いてみる。

まさに、ただ、それだけのつもりだったのに、

たまたま家にいた長男に「アンタも一緒に行く?」と聞くと、「行く」と。

 

譲渡会での猫ちゃんたちは、確かに可愛かったけれど、

物見遊山気分でしかなかった。

 

の、はずなのに。

 

気がついたら、「ママ、家を買うのだって、15分で一人で決めたんでしょ。

だったら、今、ママが決めちゃってよ。あの子猫が他の人に決まっちゃったら、

絶対にイヤだから」と、長男にスゴまれていた。

 

長男は、強く自己主張をするというタイプではない。

彼が何かを強く主張したのを見たのは初めてかもしれない、というのが何だか嬉しくて、

子猫ちゃんたちと夫&双子とのお見合いを決定。

 

夫は大の猫派だし、次男、三男だって、子猫を飼いたいに決まっている。

 

お見合いをしたら「一週間のトライアル期間」に挑戦してみる流れになるのは、自然なこと。

 

そんな訳で、猫滞在4泊5日目。

 

私は昨日から、目の下がピクピク痙攣している。

どうやら疲れている模様。

 

そりゃ、そうだよと、我ながら思う。

 

唐突に、降って沸いたように、子猫がやってきて、

その世話の最前線は、何だかんだいっても主婦である私。

 

子猫達は、まだ懐いてくれない。

隙あれば、家具の下などに逃げ込む。

猫お見合い②

【そこ、埃だらけだよー!】

 

何だかな・・。

 

双子が新生児の頃の、ミルクと睡眠、排せつのリズムをつけていた

ノートを引っ張り出して、「こうやって、人間の子どもだって、育てられたんだし」と、

自分を励ましている。

 

いずれ、私も超・猫バカになるだろうと思われるが、

最初は、こんなでした、という話。

牛時代の夜明け その2

=牛時代の夜明け問題は、定点観測シリーズとします=

2015.6.11 【コラム】牛時代の夜明け

 

 

今朝、長男との会話。

 

母。「あのさ、最近、気が付いたんだけど、

今って、大学3年生の夏から就職活動なんだって」

長男。「ふーん」(それが何か? 的な無関心)

母。「でさ、大学3年生の夏って、今から6年後な訳。

6年前ってさ、アンタが小学校3年生の時で、それって、わりと最近の感じしない?」

長男。「うん、そうだね」

母。「つまりさー、今から6年後って、わりとすぐにやってきて、

そうしたら、アンタ、就職とかについて考えないといけないって訳よ。どうする?」

長男。「いいよ、別に。全然、大丈夫」

 

え!? 何ですが、その平常心。

もっとパニックってもらわないと!!!

だって、母は、それに気が付いた時、ものすごく動転したんだから!

 

 

そんなことをツラツラと思いながら、ドトールに珈琲豆の買い出しに行く。

早朝の吉祥寺は、人気もまばらで、そんな中、自転車をちゃりちゃり漕ぎながら、

「もしかしたら、私が思っているよりも、長男は大人になっているのかもな。まだまだ、子ども、と思っているから、母はこんなに動転するけれど、長男の内面は、私が思っているより熟してきたのかも」と、思った。そう思ったことを、何となく記しておきたくなった。

 

 

先週、本田健さんに取材で行って、子離れについて、お話を伺った。

 

いろいろな事例を伺ったが、要約すると、

「子どもは絶対に親を捨てるんだから、親は自分の人生を生きろ」ということ。

 

 

「家族はユニット。上の子が15歳になったらユニットの解散が始まり、それが完了するのが

下の子が18歳になった時なんだよ」ともおっしゃっていた。

 

ほぉー、そうすか。

 

長男は、まさに今年の8月で15歳。

我が家は、そろそろユニットの解散が始まったということなんだわ。

レシートを捨てる 5秒

レシート捨てる

【6月分のレシートは、全捨て】

 

6月は、家計簿を、ほぼつけられず、レシートが溜まってしまった。

 

2015.5.7 家計簿をつける 10分 で、

+++

これ、ヤバい。

機械類が大の苦手な私が、1ケ月でサクサクと使いこなせている。

何が良いって、家計簿を自動集計してくれるところ。

毎週、電卓叩いて集計するのが億劫になっていたので

ちょっと浮気をしてみたら、本気になりそうな気配。

+++

などと、ウハウハとマネーフォワードのことを語っているが、

なかなか、どうして!

 

早速、挫折。

 

そうは言っても、もはや手集計に戻る気はないので、

マネーフォワードさまと、仲良くしていくつもりではある。

 

でも、新しいシステムには馴染めていない。

 

当たり前のことだが、マネーフォワードさまが

私の家計簿生活にすべてフィットしているわけではない。

 

私の家計簿生活に、マネーフォワードをカスタマイズしていく、

気力と時間が、6月は持てなかったということ。

ただ、それだけ。

 

だから、6月のレシートは潔く捨て、

自分を、「家計簿がつけられなかった自分」から、開放してあげようと思う。

リビングの棚を片付ける 15分

 

リビング横①

【惨状発見!】

 

主婦が家庭に不在がちになると、あっという間にリビングは惨状となる。

 

主婦が家庭に不在がち → 惨状 →

リビングにいたくない → 気持ちが何となく外に逃避 →

主婦が家庭に不在がち

という悪循環に陥ることは、多々ある。

 

それは、それで、仕方ない。

主婦だって、人間だもの。(by みつを)

 

でもねー、逃避し続けていたって、誰も片づけてくれない。

よっこらしょ、と、腰をあげる。

 

あるべき姿は、コレ。

リビング棚⑦

【静けさが漂う】

 

ちなみに。

2015.6.29 リビングの書類棚を片付ける 30分

で、

「とにかく書類は、棚の中に突っ込む」という対応で、

日々のリビングの美しさは、とりあえずキープできる。

と書いたけれど、それは、主婦がソコソコ家にいられる時の対応でつ。

 

さて、始めるか。

やることは、基本、リビングの書類棚と一緒。

 

リビング棚②

【中身を全部出して】

 

リビング棚③

【仕分けをする】

ただ、それだけ。しかも、時間は15分とかからない。

何で、日々の生活の中で、それができないのかねぇ。

 

いや、できないし!(逆切れ)

 

 ついでに引き出しの中の整理もしてみる。

 

引き出しで、『区分け』をするのは、一見便利なのだが、

惨状状態くらいの家の汚さだと、間違いなく

『区分けしているハズの引き出しに、適当にモノを突っ込んでいる』

という状態になっていて、それは、それでストレス

 

リビング棚⑤

【それぞれの居場所に戻してあげます】

 

リビング棚⑥

【引き出しに入らなかったものは、ゴミ】

 

最近、気が付いたのだが、私は『都度、きちんとしまう』ということが

大変、とっても、本当に、(←だから、わかったてば!)、苦手

 

それだったら、そういう自分の方向性を受け入れて、

都度は適当に突っ込んで、そのかわり、時々、引き出しの整理をする、

という方が、精神的によろしいのでは? と思った。

 

都度きちんといれる

vs

適当にいれる + 時々 引き出しの整理をする

を考えてみると、多分、どっちも大した差じゃない。

 

何で、そんなことを書いているかって??

 

それは、私が、毎回、『都度、きちんといれられない』という自分に

ストレスを感じているから。

 

主婦だって、人間だもの。(by みつを)

人間、そうそう、変わらない。

 

それを、変わらなきゃ! と思ってストレスに感じているより、

具体的な『落としどころ』を考えた方が現実的だと思ったのだ。

 

 

双子布団で眠る時 ~主婦的幸せ時間 2~

P1170404

【新作パジャマは、ピンク】

 

双子布団。

それは我が家の造語だが、双子を両脇に侍らせて眠ることを指す。

 

侍らすも何も、勝手に寄ってくる。

そして、『勝手に寄ってくる』のが、ポイント。

 

今、中学3年生の長男が、まだ「子ども」だった頃、

両脇は常に取り合いで、あぶれた子は、母の上に乗って寝ていた。

 

その頃は、「マジ、勘弁!」と思っていたが、

今、両脇だけになってみると、あの頃が懐かしい。

(戻りたくはないが)。

 

双子の坊主頭をスリスリ撫でながら、眠りに落ちていく瞬間、

とても幸福だと思う。

暖房器具をしまう 1時間

P1170391

【家の外でクリーニング中】

 

灯油を引き取ってもらったので、

暖房器具をしまうことにした。

 

一番の難関は、暖房器具の底に残っている

灯油を吸い上げること。

 

こちらも今回はポンプを使って、ソコソコ早くできた。

そういう『小さな進歩』が、嬉しい。

 

灯油を吸い上げた後は、家の外でクリーニングをする。

こちらは説明書通りにボタンを押すだけで、機械が勝手にやってくれる。

時間は、2時間くらいかかる。

 

その間に、灯油をいれていたポリタンクや、

そのキャスターの埃や汚れを雑巾で拭き取り、

ビニール袋にしまう。

 

ビニール袋にしまうのは、埃予防もあるし、

万一、灯油がどこかに残っていてこぼれ出た時の防止用でもある。

P1170392

【新聞紙を敷いた上に、置く】

 

次の冬になったら、このパッケージを開ければいい。

 

面倒な暖房器具の片づけも

『次の季節のための準備』だと思うと、

ちょっとだけ楽しい気持ちになる。

 

 

 

ビオラレッスン(第81回)に行く 2時間

 P1170368

【モーツアルトのパパが書いた本】

 

まず、上記の写真の著者に注目して欲しい。

レオポルド・モーツアルトと書いてある。

この人は、モーツアルトのパパである。

 

モーツアルトのパパが書いた「バイオリン奏法」という本は、

世界で最初のバイオリン奏法の本だと言われている。

 

以下、「バイオリン奏法」より抜粋

+++

バイオリン奏法について

 

おそらく、このレオポルド・モーツアルトの「バイオリン奏法」は、

世界で最初のバイオリン奏法の本ではないでしょうか?

 

偉大なるモーツアルトを育てあげたお父さんとして、レオポルド・モーツアルトが

いかに優れた音楽家であり、また、教育者でもあったことかが、ひしひしとうなずかれます。

 

今回、この珍しい貴重な本が出版されたことは、とてもうれしく、また有意義なことだと

思います。

+++

 

私のビオラの先生である、渡部啓三先生は、レッスンに行くと、最初に必ずお茶を出して下さる。

先生が学生時代、レッスンに通っていた先生の奥様が

レッスンの前にお紅茶を淹れて下さったそうだ。

 

「レッスンの前に、お茶を飲むっていうのが、

『ああ、いいものだな』と思ったの」ということから

渡部啓三先生の弟子の私達も、その恩恵を受けている。

 

レッスン前のお茶の時間に、先生とお話する中で、

「ビオラを弾くということと、ビオラを教えるということは、違うことである」

といった話になった。

 

そこから話が展開して、弦楽器の教授法の歴史をお話して下さった中で、

上記の本を見せて頂いたのだ。

 

 

 お次は、こちら。

P1170380

【カール・フレッシュ著 ヴァイオリン演奏の技法】

 

こちらも、弦楽器教授法の歴史という視点でみると、歴史的な1冊だそう。

「昔は、教授法の本といえば、これしかなかったの。

この本の前は、上下巻に別れていない同じ内容の分厚い本が

1冊あっただけなのよ」と、渡部先生。

 

中身を見せて頂くと、いたるところにマーカーラインが引いてあり

この御本を先生がいかに読み込んだか? が伝わってくる。

 

先生が国立音楽大学で教え始めたのは、まだNHK交響楽団に在籍していた頃。

今から40年ほど前の話である。

 

激務(オーケストラの楽団員は激務だ!)の合間に時間を見つけて

教授法を学ばれていた先生の姿勢に頭が下がる。

 

P1170382

【先生の努力が伝わってくる、色褪せたマーカーライン】

 

 

お次は、こちら。

 

P1170383

【イヴァン ガラミアン著 ヴァイオリン奏法と指導の原理 】

 

表紙だと判りづらいので、中身の写真も撮った。

P1170384

 

こちらは、今でもアマゾンで買えるが

アマゾンのレビューを読むと、いかに名著かが伝わってくる。

 以下、アマゾンのレビューより抜粋

+++

◇1件目

 ・真面目にヴァイオリンを習得しようとした場合
・真面目にヴァイオリンを教えなければならない場合
きちんとした理論が欲しくなりますが、この本はそうしたきちんとした理論の代表格のようなものです。値段は大変高く、訳も古く、本の体裁もとてもお堅いですが、ヴァイオリン教育業界では知らぬ者のないイヴァン・ガラミアンの著作とあれば、当てはまる人は参照して研究するべきでしょう。訳を出した「アカンサス弦楽研究会」とは、東京藝術大学の昭和40年当時のヴァイオリン科の教官たちらしく、中には音階教本やNHKの「ヴァイオリンのおけいこ」で知られた山岡耕筰がおり、きわめてきちんとしています。

◇2件目
VNの技術を追求していくと、結局はガラミアンにたどり着くのではないのでしょうか。
大変参考になります。最も開く指導書の一冊です。
特に弓の使い方は分かりやすく詳しいので、これを読んで演奏会などに行くととても勉強になりお勧めです。

 +++

 

お次は、こちら。

 

P1170376

【鷲見三郎著 ヴァイオリンのおけいこ】

こちらは、「日本で初めてのヴァイオリン教授法の教本」だ。

この本に、江藤俊哉さんが序文を寄せている。

 

江藤俊哉さんは、「 日本における20世紀最高のヴァイオリニスト」(byウェキペディア)と

言われている人だ。

 

+++

鷲見先生の生涯のご研究の結晶がここにある。

いかにヴァイオリンを愛して、そのためのみに生きてこられたかが、

生き生きと描かれていて、心が温まるのを憶える。

(中略)

私達ヴァイオリニストにとって、

非常に貴重な文献の誕生を心から感謝したい。

+++

 

渡部啓三先生のレッスン室は、ひとつの壁面が、ほぼ、本棚。

この本棚から、こういった名著を、どんどん出して見せて下さる。

この時間を、幸せといわずして、何と言おう?

 

それとともに思うのだ。

今は、当たり前のように弦楽器を学べているが、

それは道なき道を歩いて下さった先人たちがいるからこそ!

そういった歴史に想いを馳せると、気が遠くなる。

 

 

今、この時代に、ビオラを学べることに

心から感謝したい気持ちになる。

灯油を引き取りにきてもらう 15分

P1170361

【灯油の引き取りは無料】

 

梅雨も終わりも見えてきて、

いよいよ、暖房器具をしまう時期がやってきた。

 

我が家の1階は、底冷えするので、

梅雨の時期、暖房をいれることが、たまぁにある。

 

それも、いい加減、大丈夫でしょう。

 

 

 

今期は、灯油をポリタンクの1/5くらい余らせてしまった。

今まで灯油を余らせてしまった時に持ちこんでいた

近所のガソリンスタンドは、有料老人ホームになってしまったので、

はて、困った!!!

 

ネットで検索してみると、牛乳パックに新聞紙を詰めて捨てるといった案が出ていたが

牛乳パックにいれるには、量がある。

 

 

 

ちょうど、我が家が巡回販売で灯油を買っているシェル石油の人と話をする機会があったので

聞いてみると、「連絡してくれれば、とりに伺います」と。

 

すっごく感じが良かったので、お言葉に甘えることにした。

 

 

 

ちなみに、灯油をとりに来てくれた人の話によれば、

「僕、個人は夏を越した灯油でも問題はないと思うし、

実際に家では夏を越した灯油を使っている。

お客様にも聞かれればそう答えており、

今まで、それでクレームが来たこともない」ということだった。

アラ、そうなの!?

 

でも、何となく怖い。

ゆえに、来季は、もうちょっと計画的に灯油を使おう!